情報商材 情報教材アフィリエイト 詐欺

アフィリエイトで稼ぐぶっちゃけ話

ゆとり世代の新米かあちゃんが自宅でアフィリエイトで稼ぐ技を伝授します。

情報商材って詐欺じゃないの?情報教材アフィリエイトは怪しい?

読了までの目安時間:約 6分

 

アフィリエイトと一口に言っても、

物販アフィリエイト、情報教材アフィリエイト、

PPCアフィリエイト、アドセンス…などなど、

様々な種類があります。

 

でも、どれも「何かを紹介して報酬を得る」というのは一緒!

 

その「何」を「どんな手法」を使って紹介するかで種類がわかれてくるんですね〜。

 

ところで、情報商材って怪しいと思ったことないですか?

 

 

情報商材は詐欺?

まず、「情報を売る」っていうのが胡散臭いですよね?

 

なぜ胡散臭く感じるのか。なぜ詐欺だと思ってしまうのか。

 

理由は簡単で「形がないから」です。

 

人は形の無いものに対してお金を払うのに躊躇してしまうのです。

 

お金を払って目に見えないものを買うわけですからね、そんなの当然!

 

じゃあ、情報商材は詐欺なんでしょうか?

 

詐欺まがいのものもありますよ( ´∀`)

 

中には、「返金保証」なんて言葉を使ってお金を出させようとするものもあります。

 

おおよその場合、この「返金」に対応してくれることはないので、

こんな言葉は信用しないようにしましょうね。

 

「1日5分の作業をするだけで月収100万円!」

「コピペツールを使って寝てる間にお金持ちに!」

 

こんな「楽して稼げる」っていう話はだいたい詐欺まがいのものです。

情報商材の代金を取られて大した事ない情報をつかまされて終わり!

なんてことになりかねないので注意しましょう。

 

でも、きちんとした情報商材があるのも確かです。

 

「教材」と呼ばれるものがそうです。

 

このきちんとした情報商材は一般的な書籍と同じように、

あらゆるノウハウが収録されています。

 

このノウハウが記されている情報商材は情報とも呼ばれています。

 

情報材は、情報を売っています。

情報材は、ノウハウを売っています。

 

この違い、わかりますか?

 

情報商材と情報教材の違い

例えば、

 

情報商材の場合、

「川原に落ちている流木を拾って売れば、仕入れ値タダでお金が手に入るよ!」

っていう情報を売っているのに対して、

 

情報教材の場合、

「川原に落ちている流木は拾っただけじゃ売れないけど、

こういう加工を施せば売れるので、その加工の方法や売り方をお伝えします!」

 

というノウハウを売っているのです。

 

情報材は「情報を売ることが目的」で、

情報材は「ノウハウ(知識)を教えることが目的」ということです。

 

この違いは大きい!

 

だからこそ、情報商材と呼ばれるものを購入するときは、

「情報」を売られているのか、「ノウハウ」を得られるのかを

十分に考慮して、自分で判断する必要があります。

 

自分が必要としている情報に対して払うお金は投資になりますが、

自分が必要としていないものに対して払うお金は浪費に他ならない!

 

 

情報教材アフィリエイトは怪しい?

情報教材を紹介しているアフィリエイターさんはたくさんいます。

 

その全員が怪しいか?って言われると、

ほとんどの人は優良なアフィリエイターさんだと思います。

 

なぜなら、情報教材を紹介しているから。

 

これは、オススメ書籍を紹介しているのとなんら変わりません。

 

ただ、中には情報材を紹介している人もいるので、

「楽して稼げる」情報に飛びつくのではなく、

きちんと商品を紹介していて信頼できる人から買うのが

正しい方法です( ´∀`)

 

というわけで、

情報教材アフィリエイトは詐欺でも怪しくもないよ!

 

ってことを言いたかったのです。

 

 

まとめ

ざっくりまとめると、

 

情報材 → 情報を売っている

情報材 → ノウハウ(知識)を教えている

 

情報商材には詐欺まがいのものがありますよ〜

 

 

情報教材アフィリエイトは詐欺でも怪しいものでもないです!

 

でも、きちんと商品を紹介していて信頼できる人から商品は購入するようにしましょう。

 

 

ってことですね( ´∀`)

 

アフィリエイト関連 マインド・心構え・考え方   コメント:6

この記事に関連する記事一覧

コメントは6件です

  1. 秋山 より:

    黒子さん、こんにちは!

    大変参考になりました。
    商材と教材は同じ意味だと思い込んでました。
    厳密にはそのような違いがあったのですね。

    これから商材ではなく教材という言葉を使わなくては~!

    情報どうもありがとうございます(*^-^)

    • 黒子 より:

      >秋山さん
      こんにちは!

      たぶん、捉え方は人それぞれで、
      情報商材でひとくくりにしてる人も
      たくさんいると思います〜!

      私的には、こっちの使い分けがしっくりくるので!

      コメントありがとうございました(´∀`)

  2. さゆこ より:

    黒子さん こんにちは!
    さゆこです

    情報系は怪しいと思いますよね。
    わたしも以前は
    すご〜〜く怪しんでましたし(´-ω-`)

    商材と教材の違いもハッキリ言葉にすると
    なるほどー(・∀・)
    と、よくわかりますね^ ^

    • 黒子 より:

      >さゆこさん
      こんにちは!

      なんか、普通に会社員してる人ほど、
      怪しい〜〜〜〜!って思ってると思います(´∀`)

      少しでもなるほど〜〜と思ってもらえたら
      私も書いてよかった〜って思います♪

      コメントありがとうございました!

  3. masa より:

    こんばんわ、masaです。
    情報商材と情報教材の違い
    参考になりました。
    たしかに怪しそうなのが
    結構あります。なかなか
    見分けるのが難しいですね。
    また、訪問させていただきます。
    応援していきます!

    • 黒子 より:

      >masaさん
      こんにちは!
      コメントありがとうございます♪

      怪しい商材は多いですよね(´Д` )
      私的には、「楽して稼げる」は怪しいと思います。
      選択眼を養っていきましょう!

      またいつでもいらしてくださいね!
      応援ありがとうございます!

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 

ブログランキングにご協力ください〜

いつも記事を読んでいただき、
ほんっっっとうにありがとうございます!

あなた様の1クリックが私のモチベーションをあげます♪

ランキング応援クリックにご協力ください!
↓↓↓

またいつでもブログにご訪問ください♪

TOPへ戻る